メニュー

売却までの流れ

1. 売却相談

お住まいの売却を考え始めたら、まずは弊社にご相談ください。不動産の売却を考えたとき、『何を相談してどのようにすすめればいいのかわからない』と誰でも不安に感じるものです。お客様の状況にあった売出価格や売却方法など、私たちにできる可能な限りのアドバイスをさせていただきます。

flowarrow.png

2. 調査・検査

売主様のご希望やお考えをじっくりお伺いし、豊富な実績と経験に基づいた確かな専門家の目で、丁寧に査定させていただきます。価格提案ではお客様のご希望や市場動向を考慮した上で、売出価格と売却方法もあわせてご提案させていただきます。

flowarrow.png

3. 媒介契約

お住まいの売却をお任せいただくには媒介契約の締結が必要になります。売却をご決断されたら、媒介契約書の内容をご理解の上、ご契約ください。媒介契約締結後、すみやかに営業活動に入ります。

 媒介契約の種類

媒介契約については、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介という3種類の契約がございます。それぞれのメリット・デメリットを参考にお選びください。

 専属専任媒介契約
1. 国土交通大臣の指定する指定流通機構への物件登録:5日以内の登録が必要
2. 不動産会社の売主に対する売却活動の業務状況報告:1週間に1回以上文書で報告の義務がある
3. 特定の1社に売却を依頼する契約で、他の不動産会社に重ねて依頼することはできない。
4. 売主は自ら見つけた購入希望者と直接売買の契約を締結できない。
 専任媒介契約
1. 国土交通大臣の指定する指定流通機構への物件登録:7日以内の登録が必要
2. 不動産会社の売主に対する売却活動の業務状況報告:2週間に1回以上文書で報告の義務がある
3. 特定の1社に売却を依頼する契約で、他の不動産会社に重ねて依頼することはできない。
4. 売主は自ら見つけた購入希望者と直接、売買契約を締結することができる。
 一般媒介契約
1. 国土交通大臣の指定する指定流通機構への物件登録:登録の義務はなし
2. 不動産業者の売主に対する売却活動の業務状況報告:業務報告の義務はなし
3. 売主は複数の仲介業者に重ねて媒介契約を依頼することができる。
4. 売主は自ら見つけた購入希望者と直接、売買契約を締結することができる。

flowarrow.png

4. 販売活動

お客様のご希望に応じて、お手持の物件を新聞折込広告、弊社の店頭、ホームページ゙のおすすめ物件、インターネット不動産公開サイトなど、様々な手段で紹介させていただきます。写真や図面などを掲載して幅広く紹介をすることで、より早い売却成立のお手伝いをさせていただきます。チラシ・ホームページ掲載等、物件販売に関する費用は一切かかりません。

『新聞折込広告やインターネットで広告するのはちょっと・・・』とお考えの方も、ご相談ください。状況に応じた方法で、売却成立のお手伝いをさせていただきます。

flowarrow.png

5. 売買契約の締結

購入希望者より購入申込書(交渉依頼書)が提出されましたら、売買代金、代金の支払い方法、物件引渡し時期などの契約条件を交渉・調整し、条件が整いましたら、契約関係書類を作成いたします。

flowarrow.png

6. 決済・引越し

残代金の受領日までに、買主様へ物件を引渡せる状態にしておかなければなりません。残代金の受領日までに引越しするとともに、公共料金の清算をおこない、「物件状況等報告書」や「設備表」の記載内容と違っているところがないか、最終確認をします。売り主様からお預かりした物件引き渡しに関する書面、鍵、その他契約要項に記載されている引き渡し物をお預かりし、媒介契約が完了します。